かずログ!ぼくとドラゴン攻略!

現役Zランクプレイヤーによるぼくとドラゴンの使える情報や攻略を配信していきます♪スマホの方は右上タップでメニューがでるよ♪

ぼくドラ攻撃コンボについて!

【今話題の厳選ゲームアプリランキング】

現役Zランク前衛プレイヤーが語る攻撃コンボについて

攻撃コンボ

攻撃コンボとは?

ぼくドラのバトルにおいて重要な項目の一つ「攻撃コンボ」

違う人が交互に攻撃することによってコンボとなり攻撃力を上乗せできます。

攻撃コンボ数が多ければ多いほどダメージは上がります。

ただしコンボ数だけではダメージは出せない!

攻撃コンボによるボーナスは足し算ではなく掛け算となってます。

なのでいくら攻撃コンボが多くても元となるダメージが低かったら大ダメージは出せないのです。

わかりやすい様に例式(数値は適当です)

30,000(素ダメージ量)x10(攻撃コンボボーナス)=300,000

1000(素ダメージ量)x20(攻撃コンボボーナス)=20,000

このようにいくら攻撃コンボ数を稼いでも素のダメージが低かったらせっかくのコンボを生かせません。

攻撃コンボ1に対する伸び率はどんどん減少していく!

バトル中、気にしなければいけないのがこの点です。

例えば攻撃コンボ0と攻撃コンボ100でダメージが2倍になるとします。(実際の倍率は異なります)

では攻撃コンボ0と200では4倍になるのか?

答えはNOです。コンボ数が増えれば増えるほどコンボ1に対する伸び率は減少していきます。

なので!

味方攻撃コンボ100、敵攻撃コンボ0

味方攻撃コンボ200、敵攻撃コンボ100

両方とも同じ攻撃コンボ差100ですが前者のほうが圧倒的に有利なのです。

敵の攻撃コンボを切るか?ステータスを優先するか?

攻撃コンボの基本的なことはこれでわかって頂けたかと思います。

では実戦的思考をして見ましょう。

例えばバトル残り20分時点、味方攻撃コンボ100、相手攻撃コンボ150の状況で相手のほうがBPを稼いでる

こちらの生存者1名だったから投身を指示して相手のコンボを切る事にしたとします。

1人生きてるわけなの最長で攻撃コンボを切るのに10分かかります。

その10分間、相手は上限上げドラを受け放題、こちらは受けれないという状況が続きます。

そして残り時間10分で相手の攻撃コンボを切れたとしてそこからまたこちらの上限上げを受けたり

相手のデバフドラを回避したりする時に結局相手に攻撃コンボをまた稼がれて

ラストの叩き合い前の状況がこちらコンボ250、敵攻撃コンボ100

となった場合、前衛、後衛の戦力が同等なら負けてしまうとかずやんは予想します。

ではコンボを切るタイミングは・・・?

どうせ切るなら最後ぎりぎりまで相手の攻撃コンボを0付近にしておかないともったいないのです。

なので出来れば残り時間15分以降、相手がBP先攻、味方生存者0、この3条件がそろって初めてコンボを切る価値があるかなと思います。

しかし・・・

ヘルズスカーやダークスカーの登場によりこちらが相手の攻撃コンボを切ろうとしたらコンボ切れる前に寝てるこちらに対してガンガンBP先攻することが可能になりました

これをされるとギリギリまで寝てるとこんどは逆に逃げ切りされてしまう可能性が高くなります。

BP詰めなきゃ!と前衛で詰めに行くと相手に攻撃コンボをまた稼がせてしまうのです。

かずやん的コンボ切り条件。

・こちらが全滅してること

・BPが離されすぎてないこと

・相手がスカー系スキルをあまり持ってない事

他にもその時の状況にもよりますが大きいのはこの3つかな~

なので最初からコンボを切る前提の作戦を組むよりはバトルの流れで切る状況がきたら切るって感じですかね。

現状なかなかその状況は無いですね。

逆に切らせないには?

相手がコンボを切りに来たときの為に、優秀なドラをとっておくといいかも知れません。

例えば相手が切りに来たときにこちらが例えば討伐ドラクラスの上げドラを出してもスルーされて切られてしまうかも知れません。

でも例えば猿(ハヌマーン)を出せば相手は全滅なので最短詠唱でいけますので5分の間に2体は受けれますしそうなると相手も切るのあきらめて潰す為に起きて来るかもしれません。

後最大HPを下げるキュウキを嫌がるギルドもあります!

一番いいのはペイルライダーですねwペイルライダーは現状絶対回避ドラゴンですので・・・

最後に。

攻撃コンボについて語りましたが、これはあくまでかずやんが戦っているランク帯での話しですので

もしあなたがよくするバトルが上限上げドラが敵も味方も足りてない状況や気絶対象攻撃がお互いに無いような状況ならまた変わってくるでしょう。

でも基本的な攻撃コンボの考え方はわかって頂けたと思うので後は自分で実戦経験を重ね自分なりの戦い方を構築していけばいいと思います♪

      2016/05/22

 - ぼくドラ(ぼくとドラゴン)